無利息キャッシング比較での注意するべきこと

キャッシングの金利計算

Posted by 管理人 on 2015年1月21日

キャッシングを始めると翌月から返済が始まりますが、「返済シミュレーション」を利用してもどれくらい借りると、どれくらいの期間で返済できるというような返済計画は立てられますが、毎月の返済金額の中にはどれくらいのキャッシング 利息が含まれているのかを知る必要があります。
消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの返済方法はほとんどのところが「残高スライドリボルビング方式」という方式を取っています。
この方式は、借入残高によって毎月の返済額が決まり、毎月返済額のなかから最初に金利を引き、金利を引いた残りが元金の返済にあてられる方法で決められた毎月の最低返済額を払っていると金額が少なくて払いやすいといえますが、返済が長期になり最終的な総返済額が増えてしまいます。
キャッシングの金利計算の方法は簡単で、借入残高×利用金利÷365日×利用日数=利用金利となります。
たとえばその月の借入残高が10万円、利用金利が18%、毎月返済額が5,000円、1カ月間利用したとすれば利息は
10万円×18%÷365日×30日=1,480円が利用利息となり、
5,000円−1,480円=3,520円が元金の返済にあてられ、翌月の借入残高は
10万円−3,520円=996,480円が借入残高となります。
このように最低返済額だけの支払いは、借入残高がなかなか減らずそのため返済期間が長くなるため、少しでもお金に余裕ができたときは繰り上げ返済をすることで返済期間が短くなり、無駄な金利を払わずにすみます。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


会社からお金を借りると出世に影響をする?

Posted by 管理人 on 2014年9月8日

大手企業だけではなく今では中小企業でも会社からお金を借りるという方法があります。
企業融資や会社貸付と呼ばれるものであり、その勤務先で働き収入をその勤務先から受け取っていますので担保も保証人も必要ありません。
確実な収入は貸し付ける側であるその会社が保証しています。
そのため金利は低くなっており3%を下回ることが多くなっています。
銀行融資はもとより消費者金融からのキャッシングと比較しても相当に低い金利です。
ただしプライベートなキャッシングとして気軽に使えるものではありません。
飲み会費用や旅行費用として借りることができないことは当然のことでしょう。
一般的な業者から借金をするときにはその使用を自分の勤務先が把握することはありません。
どのような理由で借り入れをしたとしてもその借り入れの事実すら知られる心配はありません。
ところが、勤務先からの借り入れであればどうでしょうか。
資金使途を問われます。
借金の返済にあてがう費用であればそれは危険と判断されるでしょう。
お金のトラブルが発生する可能性がある、それを考えれば出世の道は厳しくなることは推測ができる範囲です。
会社からの借り入れはしない方がよいというわけではありません。
出産費用であったり、子供の教育費用であったり、利用をすることがとがめられない理由もあるでしょう。
しかし、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの返済に充てるための借り入れは適切ではありません。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


無利息キャッシング比較での注意するべきこと

Posted by 管理人 on 2014年7月11日

金利がかからない期間があるキャッシング商品を選ぶ時には、無利息キャッシング比較サイトで選びましょう。一口に無利息と言っても、期間も違えば無利息となる条件もそれぞれ違っているのです。
無利息を選ぶのならば、できるだけ自分に有利なものにしたいものです。しかし増加中の無利息期間があるキャッシング商品を一つずつピックアップしていくのもなかなか時間がかかるものです。急いでいない場合でも比較サイトから自分にピッタリのものをいくつか選んで、そこから逆に本サイトで確認するというようにしたほうがよいでしょう。
無利息キャッシング比較を行う時には、無利息の期間後の金利や借り入れと返済の方法にも気を付けておきましょう。新生銀行グループのノーローンは何度でも無利息になりますが、他の無利息キャッシングは初めて申し込みをした後の30日間から180日間となっています。それ以降は利息もかかるわけですから、無利息期間終了後のスペックをしっかり比較しておくことは大切なことになります。
無利息期間などの条件を比較することだけでは、その後に「意外と使いにくい。」ということになる可能性が高いのです。選ぶ時に利用しているところを具体的にイメージしておくと、実際との違いを最小限に抑えられるでしょう。
金融商品にも利用者にとって様々なお得なものが出てきています。本当に自分にとってお得になるものを利用できるかどうかは、どこで申し込むのかという選び方が重要なポイントです。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


top